HOME サイトマップ 個人情報の取扱いについて

会長挨拶

新会長に矢口博久・千葉大学名誉教授が就任

この度,全く図らずも,画像工学同窓会会長に就任することになりました。これまでは大学教員が会長になる慣例はなく,固辞し続けていたのですが,幹事の皆様,会員の皆様の熱く強い要請に,No!と言えない私は引き受けてしまった次第です。昨年度は湯本前会長はじめ会員の並々ならぬご尽力により,盛大に千葉大学工学部画像系学科百周年記念式典が成功裡に執り行われたことは皆様の記憶に新しいと存じます。その後の会長職ということで,強く責任を感じております。

私が大学受験の頃は学生運動が激しい時代で,現役の時は東大入試が中止になった時です。私はその翌年の昭和45年に当時の写真工学科に入学しました。我々の世代は団塊の世代の後始末と言われていました。この度の会長就任も,言葉が悪いのですが,百周年の後始末の感があります。しかし,私は良い意味での後始末に徹したいと思います。それは,百周年記念会により残して頂いたイメージング教育ラボの設立と有効利用に積極的に取り組んでいきたいと思っております。聞くところによりますと,この4月から改組により工学部が1学科制になり,コース名からも画像が消えることが正式に決まったとのことです。このような時期であるからこそ,千葉大学出身の画像工学技術者,研究者を輩出するためにお役に立つべくイメージング教育ラボの重要性が増すことになると思います。私は大学教員時代から現在も視覚工学,色彩工学を専門とし,特に色彩工学の国際標準化に関わりが多く,共同研究,学会活動を通して多くの画像産業界で活躍される同窓生と仕事を一緒に行ってきました。これは,大学と同窓会を結びつける利点と考えております。これからも,画像工学科同窓会会員の方々にはイメージング教育ラボの件で,何かとご相談,ご協力を願うことがあると存じますが,よろしくご支援のほどお願い申し上げます。(2017年3月)

平成29、30年度 画像工学同窓会会長 昭和49年卒業 矢口博久

平成29、30年度
画像工学同窓会会長
昭和49年卒 矢口博久

Copyright (C) 2005 Faculty of Engineering chiba university alumni association. All Rights Reserved.