HOME サイトマップ 個人情報の取扱いについて

お知らせ

昭和34年卒工業化学科印刷専攻 クラス会

雑司が谷の法明寺鬼子母神堂にて記念撮影
雑司が谷の法明寺鬼子母神堂にて記念撮影

昭和34年印刷専攻卒業の私たちは、毎年、春秋にクラス会を行っています。2015年は、11月13日、森田正志さんが世話役で、雑司が谷の法明寺鬼子母神堂と巣鴨のとげぬき地蔵尊を巡りました。
参加者は、クラス仲間が(名簿順敬称略)、小山恵裕、味岡義久、三浦澄雄、森田正志、山木健一、山崎雅彦、山本和彦、和田善男の8名、そして深津悦子夫人、三浦田嘉代夫人の計10名でした。毎回お招きしている松本和雄先生ご夫妻は、今回はご都合がつかず、残念ながらお見えになりませんでした。

小春日和の良い天気で、大塚駅改札口に集合し、都電にて鬼子母神前へ。予約していたボランティアガイド「としま案内人雑司ヶ谷」の方々と落合うと、早速その場で雑司が谷の成り立ちなどの説明が始まりました。その後、ガイドさんを先頭に鬼子母神堂や法明寺等をお参り見学しました。ボランティアのガイドさんたちは各所を詳しく丁寧に案内してくれました。鬼子母神の社殿前でガイドさんと一緒に記念写真を撮りました。

昼食は目白通りに面した「いり江」にて、約2時間会席料理を楽しみ、和気藹々と過ごしました。と言っても、我々高齢者の話題は病気のはなしばかりです。また、当日欠席された松本先生、伊原隆、金子敏夫、柴田孝郎、矢野定基さんの近況を返信の便りで拝見しました。最後は、これからも体調に留意して再会しようぜ、と盛り上がった次第です。
食後、都電にて巣鴨庚申塚へ。さらに、高齢の女性たちで賑わう参道に我々も難なく溶け込み、とげぬき地蔵に詣で、商店街を通り抜け巣鴨駅にて解散しました。

(山本 和彦)

Copyright (C) 2005 Faculty of Engineering chiba university alumni association. All Rights Reserved.